着る物 洋服やファッションにつて3

 頭では分かってるんだ。

 服にも賞味期限がある。

 一時期、「安いから」という理由で古着をよく買っていた。

 でも、古着を着こなすのって結構上級者で、おしゃれっていう意味じゃなく、ただただ全身を古着で揃えたら・・・
いつの人?ってなってしまった。

 それでも怖いのが、だれに見せるわけでもないし・・と思えばそれが通ってしまうってこと。
 自分はそれで良くても。多分、周りの人は一緒に出掛けたくない・・は言い過ぎかもしれないけど、わざわざ残念な恰好しなくても、と思っているんじゃないかな。

 とくに、パンツには時代が現れる。


 あのリーバイスの501でさえ、時代によって形が全然違うように、少しずつ時代に合わせて変化している。
そして、古い形を訳も分からず身に着けていると・・・
なんかよく分からないけれど・・・悪くもないんだけど・・・垢ぬけない。古っぽいスタイルになる。オシャレで分かってる人はそれでいいんだけどね。

 無難に普通にしたければ、安くてもいいから最近のパンツを買いに行った方が良いと思う。
 同じ名前の「チノ」なのに、着用してみると。あら不思議義。現代人になる。同じ名前の「古いやつ」だと、そのまま着るとタイムマシンできた人になってしまって(笑)そうなると、もうトップスに何を着ても合わない。どこか古臭い。

 やっぱり、だれだって、一緒にいる人に素敵でいてほしいと思うよね・・・。

 だから、大事に古いものを着続けても、いつか、どこか古臭くなってしまう。
 どんなハイブランドだって・・。
 これが服の賞味期限だと思う。

 私は基本「いいものを長く使いたい」という価値観は大好きだ!!でも・・・。

 ファッションに頭を悩ませる人にとっては、難しく考えすぎず、定期的に新しいものに切り替えていった方が簡単なんじゃないかな。なんて最近は思うようになった。

 だから、最初の話に戻るけど、
「汚れは落とせばいい。それでも取れなくなるくらい着た頃には・・・古くなってる」だ。
仮に、ずっときれいに着続けたり、取っておいたりしても、結局古くなって・・・なんか違う?ってなって着れなくなるのだ。
捨てる勇気。やめる勇気も必要だよね。

 蛇足だけど

 裸で外をあくのは犯罪。でも国は洋服は支給してくれない。(生活保護とかはあるけどね)国民服とか(笑いごとじゃないか)

 ファッションが楽しくなれば、お金を出すのも嫌じゃなくなるのかな・・・。

 別に、服を買うことが嫌じゃないけど・・他に欲しいものもあるし・・。
 でも、本当まともな服を買わなくなったな。子供の服や靴は買うけど・・・自分のはずっと同じ。最後に新しい服かったのは一体いつだろう?そして、それさえ着てるだろうか。

 でも、不本意なスタイルをして、人生という貴重な時間を過ごすのは勿体ないよね。

 服を買うとか、そいうのも、癖というかライフスタイルなのかな。
 買わなくなって、その良さや、気持ちよさを忘れてしまうと、欲しくなくなってしまう。逆にそれが大好きな人は・・・歯止めがなくなるくらい買ってしまうのだろうな。

 当たり前だけど・・・普通の人は、なんか違うなぁ・・と思ったら普通に服を買いに行くのか・・・な(笑)

この記事へのコメント